温泉で出会った女性とのセックス経験談

エッチな体験談は誰にもひとつやふたつはあるでしょう。
今回ご紹介するのは【温泉で出会った女性とのセックス経験談】をご紹介しましょう。

僕はカメラが趣味なので時々撮影旅行に行きます。

宿泊はホテルよりも、やっぱり温泉です。
ひと昔前は温泉宿が一人で泊まることはできませんでした。
でも今は「お一人様」が多いので一人で旅館に泊まれるところも増えてきました。
インターネットで調べたらいっぱいでてきます。

女性の一人旅も結構いるのです。

例えばサービス業で仕事をしている女性です。
日曜・祝日は仕事ですから、平日に遊びに行ける女友達がいないのです。
僕も同じサービス業なので理解できます。

平日ですから宿泊客も少ないです

女の子で一人温泉というのは少し観察していればわかります。
その場合は話をするチャンスも結構あります。
特に狙い目は旅館での食事のタイミングです。

バイキングスタイルの夕食ならば理想的です。

その場合は部屋食ではなくて広間です。
そこの場所でいくらでも話のきっかけができます。
はじめはちょっとぶつかって「ごめんなさい」からスタートすればいいでしょう。

そして料理をみて「それってどこにありました?」なんて会話をすすめちゃえばいいのです。

お互いにひとりですから話をしながらの食事が楽しいのです。

そしてバイキングの場合は席が自由に使えます。
指定席であっても旅館のスタッフにお願いして同席にしてもらえばOKです。
結構、食いつきはいいでしょうが、ここで焦ってはダメです。

むしろ焦る必要はありません。
なぜならばお互いに宿泊の旅行だからです。
場所の心配がないのも旅行のメリットです。

普通のナンパの場合は場所の心配もしなければなりません

ですが温泉旅館ですからセックスする場合の場所なんて全く心配は要りません。
とにかく距離を縮めることを頑張ればいいのです。
私の場合はカメラという武器があります。
撮影した風景を一緒にノートパソコンで見ませんか?なんてベタなアプローチで充分誘えます。

「部屋で飲みませんか?」でもいいですね

相手が了承すれば、もうセックスができたも同然です。
ですが下心が見えちゃうと失敗します。
そこは注意して、あくまでも「旅人同士の交流」みたいなノリがいいです。

相手がカメラ女子ならば話しも盛り上がります。
最近は一眼レフやミラーレスのカメラを持っている女性も多いです。
ちなみに一人旅の女性が高級デジカメ・一眼レフなどを持っている確率はとても高いです。

女性もひとり旅ですから開放感もあります

お酒が入るとちょっとした下ネタも結構いけるようになります。
そうすれば布団に入って合体すればいいのです。
そこで宿泊になるのです。

お互いに知らない同士だから興奮します

思い切りよくプレイができたりメリットも多いです。
ノリが良ければ貸切露天風呂を予約して、そこでプレイしてもいいです。
「旅の恥はかきすて」ではないですが、男も女もドキドキする経験は誰でもしてみたいのです。

知らないからこその大胆なプレイもできます。

浴衣でしたら、ヒモがあります。
簡単にソフトSMなども経験できます。
特に女性はそういったプレイをやってみたくても口に出せないことが多いです。
お酒のノリで「ちょっとやって見ましょうか?」なんて口説き方も案外と効果があります。

部屋に入ってきたこと……これはセックスを覚悟していると考えていいです

そのときの彼女とは地元が近かったのです。
旅行から帰ってからもときどきあっているのです。
どうやらSMセックスプレイがちょっと癖になっているようですね。
気がついたらセフレ(SEXフレンド)関係になっているのです。
相手のほうが積極的ですから暫くは楽しめそうです。

茨城、筑西市の公園でセフレになれると思った女性と交渉することになった体験談

彼女と別れてもしばらくは寂しいなんて思わなかったのに、やっぱり独りは寂しいと思うもののようです。
寂しくなってから彼女を作ろうと出会いを探しても、焦りが出ているのか出来ません。
そんな時に寂しさを忘れるために、セフレを作ろうとしたのです。

チャットでセフレと出会う
セフレを探そうと思っても、今まで探したことなどないのでどうしようもありませんでした。
そこでネットで検索してみると、セフレを探す人が利用するライブチャットのサイトがあるようなんです。
もちろんそんな良いものがあるのですから、すぐに利用して見ました。実際に利用したのはイーショットというサイトです。巷で噂のライブチャットサイトを考察した結果というサイトが結構よかったので参考にしました。

・結構簡単に相手が見つかった
もちろん最初は簡単にセフレが出来るなんて思ってもいません。
俺が住んでいるのは茨城の筑西市という場所なんですが、その中には田舎っぽい場所も多く、近くで相手を探すことがそもそも難しかったんです。
ですがネットは凄いなと思ったのが、筑西市で絞り込んでセフレを探したら簡単に見つかったんです。

・やり取りは簡単だった
地元の話題が出来たことが良かったのか、ある女性と結構いい雰囲気になる事が出来たんです。
そのやり取りさえもこの女性はセックス好きで、相当エロいのかもしれないと想像して楽しんでいました。
すぐに待ち合わせに関して話をまとめて、初めてのセフレとセックスが出来ると喜んでいました。

セフレじゃ無くて援助交際かも
待ち合わせは下館駅前にしましたが、会ってみると相当若いと感じました。
やり取りが簡単だったこともあり、お互いの写真は交換したものの、ここまで若いとは思わなかったんです。
年齢を確認する事などしていませんから、もし相手が高校生だったらどうしようかと思い始めました。

・ひとまず公園で相手を探る
いくら女性に困っている寂しい状況でも、未成年を相手にセックスをする訳にもいかないので、相手の事を探ることにしました。
近くの公園までドライブをして、そこでゆっくりとおしゃべりをしようとしたのです。
話をしていると学校の話題などはしませんでしたが、逆に仕事関係の話もしないのです。
一応セフレとして会った訳ですし、話だけでは仕方ないのでホテルに誘ってみました。

・女性の方から条件が出てきた
ホテルに誘った途端に、彼女の方から条件が出てきたんです。
セックスをするのであれば、本番は1回で1万5000円だとか、フェラをして欲しければ他に5000円などと言ってきたんです。
さすがにこれには驚きましたし、こっちはセフレとはお金など関係なくセックスが出来ると思っていた訳です。
いきなりの事なので頭も真っ白になってしまい、そのまままた公園で話をする事にしました。

・年齢はぎりぎりセーフ
さすがに本当に高校生なんじゃ無いかと思って、年齢をきちんと確認したら19歳だったんです。
まあ高校生でもないしフリーターらしいので、セックスに関しては一応セーフな相手でした。
ただ、さすがにセフレを探したはずなのに、援助交際をする気にはなれないでしょう。
お金の問題だけかもしれませんが、お金を何万円も使ってセックスをするのには抵抗もありました。

・結局セックスはしなかった
最終的にこの彼女とはその公園で別れたんですが、もう少し違う状況だったらセックスをしていたかもしれません。
風俗に行ってガッカリする相手が出てくるぐらいならば、数万円ならば安いぐらいでチャンスだと思ってしまったんです。
それぐらい若いし可愛い感じの女性だったんです。

・お金に余裕が無くてよかった
ただ、最終的にお金に余裕が無い状況でしたから、断るしかなかったとも言えます。
まあお金がかからないからセフレを探してた訳ですし、もったいないとは思いますが今でも断って正解だったと思っています。
簡単に見つかる相手の場合は、騙される危険がある事をもっと考えるべきでした。